S5での物理騎馬

S5では、ゴレンと物理騎馬が相対的に弱体化しています。

ゴレンについては、対策が出てきて策略ごり押しがで気なくなっている点
物理騎馬は戦金の蔓延と相手の主力が歩兵系などから封殺刑兵、封殺騎馬などに変わってきていることから
以前より活躍はできなくなりました。

今期最強と思われる3部隊のおさらいから、、、
①日本版蜀刑兵(諸葛亮は、歩兵諸葛亮でも可)
05004.png
②復活した霊帝隊(正し勝率があがってくるのはLv50前後、大器晩成型)
05006.png
③法正カニ(①、②よりは勝率落ちますが、①に対する対策部隊となります)
05007.png

特に①,②についてはアホみたいに勝率が突出しています。
そもそも相手にこの部隊置かれたらかなり厳しいですね。勝てる気がしない

この①,②、③が頻繁にくる戦場においては、物理騎馬は以前程活躍できなくなっているのです。
とはいえS級ではないにしろA級の強さであることにはかわりなく、、、3連星の物理騎馬を見ていきましょう
※ちなみに、私は物理騎馬のテンプレである曹純+張遼がそろっていません!
オルテガの物理騎馬
05001.png
曹操+盤陣で兵損を抑えつつ全軍突撃で混乱+火力対策

マッシュの物理騎馬
05002.png
盤陣のダメ軽減を利用した新しい鳳儀亭の使い方の提案です。

ガイアの物理騎馬
05003.png
曹純がいないので、速攻型の物理騎馬というよりはだらだら通常攻撃で減らす騎馬隊

疾撃と盤陣が出たことにより、私は物理騎馬隊のスキルテンプレが変わったと思っています。
この組み合わせで行く限りは、S級には勝てなくとも、A級上位の戦績をだせるはずです。
最強テンプレが上記の①~③である以上はS級には上がれませんが。。。


スポンサーサイト



  1. 未分類
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

一撃万枚!? ミリオンゴット隊


主動戦法は兵力依存、、、のはず。
それならば、董卓軍の今こそ目指してみよう!ロマン砲

研究に研究を重ねた結果、1撃10000ダメージを出す為だけに考えた部隊はこちらです。

r006.png

説明めんどくさいので戦レポから
r001.png
r002.png
r003.png
r004.png
r005.png

とはいえ、まだLv39なので10000は行きませんが
6500までは記録しました。

上の効果が全部組み合わされば、10000オーバーも可能です。
<UPDATE>
合流外しました。
r007.png




  1. 未分類
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

一年戦争⑧ 歴史の反芻

宇宙世紀0079 ジオン公国は連邦の全面包囲のすきを突き、
連邦の領内そして地球の鉱物資源地帯であるオデッサへの侵攻を試みた。
しかし、数に勝る連邦の前に本土への侵攻を余儀なくされるに至っていた
これは歴史の必然なのか、漢たちの戦場にさらなる激戦の予感が走っていた


v0pn4k04.jpg
サラテ「総帥、、、ただいま青州、揚州、荊州の関所が突破され、本国への侵入をゆるしてしまいました。全軍で各州へ進軍いたしましたが、足止めもかなわず。」

giren.jpg
ギレン吉村「良い、どのみち全方面で戦争をすることはできぬ。一瞬とはいえ地球圏に侵攻できた事で我らジオニストの力を示すことができた。」
ライアン公「ギレンよ、連邦で最も力のある同盟はわかったのか?」
ギレン吉村「。。。はい、揚州・荊州にまたがる一子相伝同盟が最大勢力でありますが、、なにか?」」
ライアン公「一子相伝か。。。過去にかなりの偉業をなしたことのある外交力・実力を備えた同盟であると聞く。ならばサイド3の洛陽なぞ、その一子相伝にくれてやればよいのではないか?力を過信せず1群雄としてまずは考えてみることはできないのか?」
DGccA3aUIAApLip.jpg
ニコリア「各戦場では勇敢な戦士たちが奮戦しておりますが、やはり5倍の戦力差を埋めるほどの技術的な優位性もありません。このまますべての敵を相手にするなら時間が敵ともなりましょうが、1群雄となれば歴史にならい洛陽を捨て長安へ退くのがよろしいかと、、、、父上のお望みのままに」
dozu.jpg
ポテ太「戦士だ!もっと戦士が必要なんだ。今も豫洲では戦士が前線で戦っている、本領がある者たちだっている、おれは兄上たちみたいに頭は良くないが、戦士の声は聞こえる。今必要なのは彼らを支援する戦士だよ、兄上豫洲にもっと兵力をくれ!」

歴史は繰り返されるのか、それとも新たな潮流が生まれるのか
未来はそこにかかわる全ての者の手で作り出されていく。

一年戦争 完

  1. 未分類
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

一年戦争⑦ 核のガンダム


ジオン公国としての作戦立案を任された親衛隊のサラテ元帥は、差し迫る状況に不安を感じつつも
常勝部隊として名高い蛇矛艦隊を迎え、ソロモンの悪魔と呼ばれた太陽さんと共に艦隊の双璧の一翼を担わせていた。

v0pn4k04.jpg
サラテ「蛇矛よ、聞こう。状況はどうか?」

o1007073914237464255.jpg
蛇矛「状況も何も、各州の関所には敵がびっしりだよ。笑うしかないだろうよ、こんなもん戦争じゃないさね」

e475c2ae-4ce8-3cd8-9d8e-d4fef2ad7b62.png
太陽さん「貴様っ、勝てないからといってあきらめるというのか、我ら董卓軍の志を忘れたか!」

C0Fu8FwUsAAtqKX.jpg
蛇矛「ソロモンの悪夢とまで言われた男がずいぶんと青臭いことを言うじゃないか、いいさ、どのみち血塗られた道なんだ、教えてもらおうじゃないか、どうやってこんな状況で勝てるっていうのさね」

o0400029514146406871.jpg
サラテ「我らには戦略核を積んだガンダムがある。そして本国ではコロニーレーザーも完成しておる」
太陽さん「このガンダムと我らジオンの精鋭がいれば、数に頼る連邦に後れを取ることはないっ」

557a5efd.jpg
蛇矛「まぁ、、、それでも最初の1つか2つの同盟を潰すのが関の山だろうさ。とはいえ、いまさら連邦に戻れるわけじゃなし、私はできることを好きにやらせてもらうさ。せいぜい いい作戦を立ててあたしらをちゃんと使っておくれよ、玉砕じゃなければ今回は最後まで乗ってやるよ」



物量面では圧倒的不利な状況にあって、サラテはどのような作戦を立てるのか
それが捨て身の攻撃であるのか、玉砕であるのか。これは後に歴史が証明することになる。
ジオン公国に歴史への挑戦者の資格はあるのか、今まさに時代は大きく動き出そうとしていた。







  1. 未分類
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

解説 1年戦争史


YOUTUBEに動画あったのでご紹介(最後まで見ると結構面白いです)


董卓軍(先行逃げ切り型) ⇒ ジオン公国
群雄勢力(スタミナ型) ⇒ 連邦軍

の設定でブログを書いております。
いつも通り雑な感じでオリジナルの動画も作って見ました。


  1. 未分類
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

一年戦争⑥ モビル・スーツ


ジオンと連邦、その歴史は搾取の歴史でもある
連邦政府のいわば植民地政策によって誕生を見たコロニー国家群にとって
開戦時の国力・資源力は比較できないほどに差が開いていた。

慢性的な資源地不足で苦しむジオン公国にとって
資源を最大限に生かす為の知恵や技術力はまさに独立の為の最優先の課題であった。

ここに、一人の人物がジオンの、人類の歴史に新しい変革をもたらす。
ニャータイプが人類そのものの革新であるならば、一方でそのゆりかごたる技術の革新もまたなされようとしていた。
むしろニャータイプの存在そのものが、この歴史の必然を生んだと言うものさえいる。

149395720572906811178.jpg
ミナライスキー博士
彼はこれまで漠然としていた部隊編成に対し明確なロジックを持ち込み
武将の好き嫌いでの部隊編成を廃止、徹底的に勝てる部隊、引き分け以上になる部隊編成の技術を
ジオンにもたらすこととなる。
これにより、従来はモビルワーカーと呼ばれていた土木作業用のマシンに飛躍的な技術革新が起こり
それは、新しい戦闘兵器「モビルスーツ」と呼ばれるようになる。

img_2_m.jpg
img_3_m.jpg
img_0_m.jpg
この時点で連邦軍の主力はまだサラミス級などの大型戦艦による宙域制圧を主としており
モビルスーツの機動力・破壊力はジオンだけの強力な武器となりえた。

thumbnail.jpg
この戦闘データの報告をポテ太より受けたギレン吉村は、初戦での勝利を確信し
数で勝る連邦に対し、戦いを挑む意思を固めていた。
そして直属の親衛隊であるサラテ・デラーズに初戦の戦場の選定と作戦立案を命じていた。
c3eafa861.jpg
サラテ「お任せください、必勝の作戦をかならず立案してご覧に入れます」
ギレン吉村「戦力に劣る我々は、勝利に勝利を重ねることによってのみ活路を見出す事ができるのだ。サラテよ戦端が開いたときには既に結果が出ている、それが戦争と言うものだ。我らの確実な勝利の為の作戦立案。やり遂げてみせよ」

次回 核のガンダム





  1. 未分類
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

一年戦争⑤ 人類の革新(ニャータイプ部隊)

人類の革新
全ての生き物が進化の過程を歩みゆく中で、人類もまた例外ではなく
宇宙に出た人類の一部に、常識では測れない特殊な能力をもつ者たちが現れた

これはフラナガン機関の猫虎博士によってニャータイプと総称される。

猫虎博士の提唱したニャータイプ理論がその可能性を初めて公の場に登場させたのは
木製帰りの Luck CAT大尉であった
syaria.jpg
彼は他のニャータイプと違い年老いた軍人ではあるが
偵察せずに相手の部隊編成を見抜くという並外れた能力を持っていた。

ジオンと連邦の緊張感が高まりつつある中で
フラナガン機関とLuck CATの推薦で、赤い彗星 鬼神改を隊長とした
ニャータイプ部隊が編制されようとしていた
きし
☆鬼神・ズム・ダイクン☆
速さと用兵術をもってジオン軍で売り出し中のエース。

こい
☆Love・CAT・スーン☆
人と人がわかり合うという人類の革新としての役割を期待されている
戦闘においても抜きんでた才能を発揮

きゃ
☆CATら・カーン☆
随一のファンネルの使い手、3つの機体を思念で同時に操り、同時多数での展開能力を持つ

K.jpg
☆K CAT☆
偵察なしで相手の部隊編成を見抜いてしまうだけでなく、次に来る相手の部隊も予測することができる。

ffda98ba9b.jpg
☆CAT T☆
モビルアーマーで巨大なインコムを使いこなす高火力型のニャータイプ
戦場の動きをつぶさにとらえることができ、その能力を生かし他の部隊との連携に力を発揮する。

会話せずとも相手の意思をくみ取るとこができる為
無口であったり、びびびびや、びょ~んといった擬音語での会話をすることが多かった。

彼らは戦争そのものや政治的な事への関心は薄かったが、
彼らのその革新たる能力は、常に彼らの居場所を戦場に変えていった。

変化を希求しながら、片方で変化を恐れる
ニャータイプの多くはもともとは連邦出身者であったが、能力を恐れられ迫害され
同じ境遇のジオンにその居場所を見出していた。
ニャータイプ部隊はその後、強襲大隊に再編され戦場でさらに大きく輝いていく事となる。


次回 モビル・スーツ





  1. 未分類
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

一年戦争④ 戦争の火種

※今回の記事はフィクションです!実在する同盟さんではありません※

ジオンの持つ驚異的な科学力、そして人類の革新たるニャータイプの存在
それらは数で勝る連邦にとっては、まだ脅威とは映っておらず、ジオンに絶好の開発の機会を与えていた。
しかし旧態依然の制度が確立した連邦において、この戦争を自らの同盟の躍進の機会ととらえる同盟もまた存在していた。

z45-1a.jpg
ジャミトフ「今日集まってもらったのは他でもない、我が手の者が入手したジオンの極秘情報についてである」

sora.jpg

1ab338b1.jpg

バスク「これはいったい。。コロニーになにやら細工をしているような、光学兵器。。。ですかな?」

3ee7f402 (1)
ジャミトフ「真相は定かではないが、これ一つで連邦の同盟1つを壊滅させることができる程の火力らしいのだ」

zymama.jpg
ジャマイカン「。。。そんなものがジオンに、、連邦の本部はこのことを?」

20160328193044.jpg
ジャミトフ「。。。。」

basuku.jpg
バスク「なるほど。。。あえて撃たせる。。と、連邦の体制を根本から変えるには劇薬もまた、必要でしょうな」

20160919095351.jpg
ジャマイカン「しかし我らとてまだ連邦の1所属同盟にすぎません、連合での迎撃要請がでれば戦場に出ないわけには!」
バスク「なに、連邦の領地は広い。救援が間に合わないこともある。貴様は純粋すぎるのだ。今回の戦争勝つには勝つ。だが勝ち方というものがあるのだ。戦争には」


人は大きな脅威に対しては結束し、そして平和を手にしたのち分裂する。
人類の指導者たちにとって、常に敵とは頭を悩ませる存在であり、そして最も頼れる友でもあった。。
指導者が清廉潔白であれ、権謀術数にたけたものであれ、結果としてそれは変わらなかった。
なぜなら、戦いは常に平凡な民衆の愚直な欲求によって作り上げられるものだからである。

次の時代を見据えているもの、現状に満足していないもの
指導者にとってのそれは新たなる戦いの火種でもあった。


次回、人類の革新




  1. 未分類
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

« 2019 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


.