孫子兵法 13編で戦う 大三国志

こんばんは、医学に西洋と東洋があるように

欧米のMBA(Master of Business Administration)に対して
東洋にも昔からの知見はいろいろな形であります。

今回は、大三国志をプレイするにあたり、孫子兵法13編より
戦術を応用して戦ってみたいと思います。

1 計篇 無謀な戦争はしない。戦争を決断する前に、戦争をするべきか避けるべきか、被害の大きさなどを考える。
2 作戦篇 戦争を長期化させない。戦争が長期化しても国の利益にはならない。
3 謀攻篇 戦わずして勝利を収める。百戦百勝が最善ではない。戦闘を行わずに敵を降伏させることがベストである。
4 形篇 防御を強化し勝利の形を作る。防御の形を作ると兵力に余裕が生まれるが、攻撃の形を作ると兵力が足らなくなる。攻撃はチャンスを見て素早く行う。
5 勢篇 兵を選ばず、自軍の勢いを操る。戦闘が開始される際の勢いを巧みに利用する。
6 虚実篇 主導性を発揮する。敵が攻撃できないように、敵が防御できないように戦う。敵を思いのままに操り、自軍は操られない。
7 軍争篇 敵よりも早く戦地に着く。まわり道をいかに直進の近道にするか。兵士の集中を統一し、敵の気力を奪う。
8 九変篇 将軍は戦局の変化に臨機応変に対応し、危険を予測する。敵に攻められても大丈夫な備え、攻撃させない態勢をとる。
9 行軍篇 戦場では敵の事情を見通す。戦争は兵士が多ければいいものではなく、集中して敵情を見れば、勝利することができる。
10 地形篇 地形に合った戦術を用いる。優れた将軍は自軍・敵軍・土地のことを考えて行動する。
11 九地篇 地勢に合った戦術を用いる。はじめのうちは控えめに、チャンスができたら一気に敵陣深くに侵入する。
12 火攻篇 利益にならない戦争は起こさない。火攻めは将軍の頭の良さによる。滅んだ国は再興せず、死んだ者は生き返らない。
13 用間篇 間諜(スパイ)を使い敵情偵察を行う。敵のスパイも上手く誘ってこちらのスパイにする。


これだけだと何?という話で終わっちゃいますが

・はかりごとの多きは勝ち、少なきは負ける。
・戦わずして勝つ
・敵を知り己を知れば、100戦危うからず
・疾きこと風の如く、潜かなること林の如く、侵略すること火の如く、動かざること山の如く、隠密たること夜陰の如く、激動すること雷鳴の如し。

といった言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか?
戦国武将たちもよく孫子兵法は読んでいたので、これらの言葉は日本でもなじみは深いですね。



関連記事
スポンサーサイト




  1. 雑談
  2. / comment:0
  3. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 
« 2020 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


.