青洲英雄伝説 第2話 <嵐のまえぶれ>

<注:例によってどこの誰にも裏どりしてないストーリー重視のお話です、マップの動き要塞の配置などから勝手に推測して書いております。実際の大三国志の登場人物・同盟の意見や動きを表したものではありません。物語としてお読み下さい>


宇宙歴 847年、帝国歴 661年
あまたある銀河系のの1つの宇宙、青洲銀河系にて史上初めて人類同士が遭遇した

のちに2人の英雄と評されることになる。帝国軍の英雄 ジグハルト・フォン・ローエングラム
同盟軍の不敗の魔術師 ニャン!ウェンリー
2人の天才は、それが歴史に求められるかのように、両軍の中で頭角を現し今まさに戦場で相まみえようとしていた。

=== 帝国View ===
25001.png
ジグハルト「モフモフアイス、青洲・兗州の戦況はどうなっている!」
モフモフアイス「ジグハルト様、兗州には敵軍が進入してくる気配はありません。こちらはすべてわが陣営にて資源の占有がなせるでしょう。反対に青州に避ける兵力や将軍の数が不足している為、同盟軍の攻撃に後塵を拝しております」
ジグハルト「青洲の状態は看過できるものではない!わが幕僚の中にこの状況を打破できるものはいないというのか」

1028001.jpg
堊ッテンフェルト「きゃつらなどに遠慮する必要などございますまい、ただひたすらに進軍しそして正々堂々討ち果たせばよいのです。開戦の折には私が先陣を務めますぞ!」

59.jpg
ヤーミノシュタイン「閣下、私に策がございます。ただ突撃し兵を無駄に損なうよりも、むしろランテマリオ聖域での双頭の蛇の教訓を生かすべきです。今回も相手は不敗の魔術師といわれるニャン!ウェンリー、敵ながら唯一警戒するに値するそれでございます。」

1028001.jpg
堊ッテンフェルト「臆したか!ヤーミノシュタイン。戦いは兵の数ではない、士気の高さと運用できまるのだ。ランテマリオの失敗は繰り返さぬ」

Cp_VBNYUMAEZdWN.jpg
ココナッツマイヤー「まて、堊ッテンフェルト、卿の言うことももっともだが、俺はぜひ参謀長殿の意見を聞いてから決めるべき、だとおもうがな。なにせ参謀長殿はおぬしとは正反対の視点でものをいうお方だ、おれは2人の意見を合わせればそれこそ丁度よい作戦になるんじゃないかとおもうぞ」
クロデンタール「道理。。。おおよそ陰陽道の教えにも通じるところあり。。。だな。まずは拝聴しようではないか」

59.jpg
ヤーミノシュタイン「閣下、この青洲星系では我らはよくて互角です。しかしわれらには永世帝国をはじめ冀州の帝国艦隊が連合として存在します。これらをもって数の利を得るため、兗州を資源星系ではなく1つの回廊とみて進軍させるのです、これは同盟軍にはとりえない作戦であり、こちらのみが用いる利点となるもの、すでに永世帝国はこの兗州を回廊とみて進軍してきております。
高菀の関所を渡して青州入りさせればおのずと有利に働きましょう」

1028001.jpg
堊ッテンフェルト「なるほど!面白い、挟撃というわけか。これで同盟のやつらもひとたまりもない、一気にたたいてくれるわ。で、いつその作戦は実行にうつせるのだ?」

community_header_294px-Fahrenheit_1.jpg
ふぁん吉ハイト「それにつきましては、将官からご説明さしあげます。現在永世帝国は高菀まで2日程のところまで来ています。その後関所から進入するタイミングで、我らも内側から呼応することで青州の状況を一気に好転させることができましょう。冀州内からも永世帝国のワープ航路をつかえば美軍奮闘帝国などのさらなる援軍も見込めます」

25001.png
ジグハルト「うむ、作戦としては悪くない。しかし、、、どうにも私は心配をしてしまう悪い癖がある、敵を認めすぎるのもよくはないが、あの男、、あの男だけはこれまでも私の作戦をことごとく邪魔してきているのだ。」
モフモフアイス「ニャン!ウェンリーでございますね、閣下。彼は同盟にたくさんいるという9匹の猫系の名前をもつ提督の知をうけついでいるともいわれます。くれぐれもご油断めされませぬよう。
それと閣下、ヒナタガルド様にはどうお話を?」
ジグハルト「ああ、わかっている。永世が青州に入るには何か名目が必要だな。そこはヤーミノシュタインにでもかんがえてもらうさ。この戦が勝利で終わったあかつきには、我らはやっと洛陽を目指すことができるのだ、ここで負けるわけにはいかない。俺はもっと高みをめざすぞ、共にいこう、モフモフアイス」

やがて2英雄と呼ばれるジグハルト、ローエングラム。
2人の英雄を星々はどのような思いで見守っているのか。。。彼らの未来はまだ動き出したばかりである。

<自由惑星同盟(三矢之教)編に続く。。。>

関連記事
スポンサーサイト




  1. 未分類
  2. / comment:0
  3. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 
« 2020 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


.