レベリングの極意

AS IS TO BE / SWOT分析 / STAR分類 / フィッシュボーン / PDCA / LSS / SLⅡ / DiSC / KAIZEN
MBAとかであらかたやると思いますが、今日はそういう知識を動員して無駄な事で結果を出すために役立ててみたい。

そう!どうやって効率的にレベリングをするか!これが今日のテーマ

当然レベリングといえば、、、城区!
これは誰もがいうでしょう。しかし逆に問いたい
・あなたの為に城区はいつでも開いていますか?
・あなたのお城から城区は近いですか?
・城区の近くで部隊数と同じだけ要塞がありますか?
・例えば連続で5部隊できる数開いてますか?
・あなたはどれだけ兵損が出ても銭でなおしますか?
・予備兵を使いに、まめに主城に戻ったりしてませんか?


複雑な条件が整えば、1回の戦闘で効率がいいのは城区のレベリングなのは間違いない。

しかし私は声を大にして言いたい!

あなたは仕事中にそんなにこまめにトイレにいけるんですか!と
ハルンケアわたされちゃいますよ!と

そこで私の提唱したいのは、Lv7土地レベリングです。
12-033.png

①Lv40まではLv9土地と巻物で育成
②Lv40+スキルALL10になったらLv7土地の横に主城を移してひたすらレベリング
です。
この方法だと、
・予備兵の分だけ、早く回復します。
・レベリング場所を取られる心配がありません。
・同時に3部隊まで徴兵できます。
・少しずらせば5部隊連続で攻撃可能です。
・兵の回復に銭がかかりません。
・城区と主城の往復の時間が無駄になりません。
・城区を放棄する手間がいりません。

という点で、有利です。
忙しい社会人は、本当にちょいちょいの時間しか抜けれないので、これで要塞へ移動とかやってられないので
ストレートに「攻撃」「徴兵」「攻撃」「徴兵」の時間だけインすればいい、Lv7領地のレベリングの方が
社会人には適しています。ちなみに城区は上記のアクションの合間に「移動」という1アクション入りますので
効率が落ちます。これはいくら城区が経験値いいといっても、それよりでかいデメリットになります。

実際のレベリングのデータ。復旧の時間が短くなってきたので
これまでよりも回転率を上げてレベリングできそうです。

[部隊名][取得経験値][兵損]
ゾンビ/60500/300
ゾンビ/61500/600
ゾンビ/60000/2000
ゾンビ/75000/1000
ゾンビ/60000/2000
ゾンビ/57000/500
物理隊/63000/2000
物理隊/65000/2000
物理隊/46000/2000
物理隊/55000/4000
物理隊/60000/2000
物理隊/54000/800
魏歩隊/75000/900
魏歩隊/79000/3500
魏歩隊/79000/900
魏歩隊/75000/2500
魏歩隊/73000/1300
魏歩隊/72000/4500
ゴレン/79000/500
ゴレン/60000/1000
ゴレン/72000/2000
ゴレン/72500/100
ゴレン/66000/3500
ゴレン/42000/300
※魏歩とゴレンは別のアカウントのデータ

城区レベリングのデータはこちら、おおよそ2倍の経験値がでるけど
兵損も2倍、そしてなにより復旧までの時間も2倍
破棄の時間と城区確保の調整、往復の時間、もしくは銭15000が無駄にかかる。
12-035.png
12-034.png





関連記事
スポンサーサイト




  1. 未分類
  2. / comment:2
  3. [ edit ]


comment

  1. 2018/12/26(水) 13:37:56 |
  2. URL |
  3. [ edit ]
デスヨネー!
城区空いてない時あるしロスする時間多いんですよね(T^T)
流石です!

スケコ

Re: タイトルなし

  1. 2018/12/26(水) 17:26:05 |
  2. URL |
  3. sonbu2018
  4. [ edit ]
> デスヨネー!
> 城区空いてない時あるしロスする時間多いんですよね(T^T)
> 流石です!
>
> スケコ

引き分け戻しわすれるだけで、兵士が25000⇒2000くらいになってるときありますかね、、
現実的でかつ、リアルでの操作をイメージして計画を立てないとだめですよねー

 管理者にだけ表示を許可する
 
« 2020 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


.